中途採用面接で好印象を残すためのポイント

再就職・仕事の見つけ方ガイド 小島郁夫 ぱる出版

 

面接でチェックされるポイント

自分の能力を客観的に整理し、求められるポジションと合致すること

では、面接では、どんな点をチェックされるのでしょうか。会社側のチェックポイントをまとめてみると以下のようになります。

 

中高年の面接でのチェックポイント

  • ①仕事の能力はあるか。その能力を自分で客観的に評価できているか。過信していないか。
  • ②会社側が求めているポジションへの能力と、その人の能力が合致するか。
  • ③積極的に自分を売り込んでくるか。自分にできることは何か整理できているか。
  • ④中高年としてのリーダーシップやコミュニケーション能力はあるか。
  • ⑤性格、人柄、礼儀、言葉遣い、服装などがしっかりとして、好印象か
  • ⑥健康状態は良好か
  • ⑦語学力やパソコン等の専門性はあるか。
  • ⑧家族の協力を得られているか。
  • ⑨勤務地、給与、休暇等の諸条件をクリアしているか。
  • ⑩社風に合うか。

もちろん、こうしたことを全て満たしている必要はありません。会社によって重点を置くポイントが異なっていますので、そのポイントをクリアすればいいのです。

 

面接で好印象を与えるコツ

まずは面接での受け答えがポイント

言うまでもなく、面接で好印象を与えるためには、面接での受け答えをうまくやる必要があります。

そのためには一に準備、二に準備。世の中には就職本、転職本がたくさんあります。

中には、転職面接の質問をまとめているサイトもあります。

こうしたサイトを参考にして、自分なりの回答を事前にまとめて面接に臨むことが非常に役に立ちます。

 

第一印象を決定づけるのは見た目

さわやかさ、清潔感を印象づけて、アイコンタクトで得点する

面接という場所は、決まりや形式があるものではありません。それを、生真面目な中高年の人は、勘違いして役人のような態度や言葉遣いで応対し、面接官の印象を悪くすることがよくあります。

改めていうまでもなく大切なことは、「やる気、熱意、情熱」を示すことです。やる気があるかどうか、ということは、言葉、態度、動作などに出ます。

よく第一印象が大切だと言います。

これは、本当です。第一印象にやる気や熱意が出るのです。

面接は、まず、会社を訪問したときから始まっています。いや、朝、起きたときから始まっているといえるかもしれません。面接の場では、とにかくさわやかな表情と清潔な服装を心掛けてください。

ヨレヨレのスーツ、ダサいネクタイ、襟が汚れているワイシャツでは合格しません。

椅子に座ったら背筋を伸ばして、リラックスすることが大切です。目はしっかりと面接官のほうを見るようにしてください。アイ·コンタクトという言い方がありますが、自信に満ちた眼差しで、「目で言葉を送る」ことです。具体的には、面接官の目を見て,そこで目の動きを1、2秒止めることです。

このときに、あなたのメッセージを送るように心掛けるのです。

そのためには、前段として、自分の置かれている立場をよく整理して、気持ちを前向きに変えておくことが必要です。そして、自分のキャリアや志望動機をきちんと整理して話せるように準備しておいてください。