職務経歴書の書き方 – 長い職務経歴書は低評価!?

職務経歴書の長さはどれくらいが適当か

職務経歴書は、長さについても特に決まりはない。自由である。ただし、長ければいいというものではなく、適切な分量の「目安」のようなものはある。ここでは、職務経歴書の長さについて紹介しよう。

欧米社会で、転職の際にキャリアを記載して企業に提出するレジュメは、習慣的に長さが決まっている。通常はA4判で1枚、長くても2枚に収めるというものだ。

職務経歴書の場合は、企業が提出を求めているか、そうでないかによっても、長さに影響してくるといえる。

まず、提出を要求されている場合は、レジュメ同様に1ページか2ページが標準となる。

職務経験が長い人や、希望職種についての実績が豊富で、仕事に就いたら何ができるかなどを強調して書きたいため、中にはもっとページ数がほしいという人もいることだろう。

しかし、こうしたケースでも、職務経歴書は2ページ以内でまとめる。採用担当者が面接を行うかどうかの判断を速やかに行えるよう、自分のキャリアを1-2ページという限られたスペースで、的確かつ簡潔に表現する力も転職志望者に要求される能力の一つなのである。

2ページ以上になる場合は工夫が必須

職務経歴書の提出を要求されている場合には、特に「詳しく書く」ことが求められていることもある。そういったケースでは、3ページになっても構わない。

ただし、ここでひと工夫が必要だ。同じ書式の経歴書が3ページというのでは、もったいない。企業が求人広告で職務経歴書を詳しく書くように求めているのは、通常提出される経歴書の多くがあまりにも簡単で「普通」すぎるからである。延々と続くような長い書類を書け、といっているわけではないことを知っておこう。

職務経歴書の本体はあくまで2ページである。そして「添付資料」や「添え状」をブラス1ページ分つける。「添付資料」は、強調したい職歴について説明する、また、プロフイールをまとめる、といった利用法がある。

企業が職務経歴書の提出を求めてはいないが、あえて提出するという場合は、1ページでまとめよう。

担当者は、正規の応募書類に目を通すことだけで十分忙しい。アピールするにしても、1ページが妥当だ。「やる気」を見せようと、何ページにもわたる書類を準備する必要はない。